見る

シャバルがコネクテッドスポーツ・スペースをオープン

発行日 2019/12/13

元フランス代表ラグビー選手シャバルがモナコに新しいコネクテッドスポーツのスペースを屋外にオープンしました。レーニエ3世防波堤にて無料で利用できます。

 


スポーツウェアを着て遊びに来てください

セバスチャン・シャバル

元フランス代表ラグビー選手シャバル氏は引退後、健康のためのスポーツを提案する会社「ヴィヴァシティ(Vivacity)」を設立。フランス全国でスポーツ用スペースを開設しています。シャバル氏はモナコのために、デジタル化されたスポーツ・スペース「モナムーヴ(Monamove)」を企画しました。「モナムーヴ(Monamove)」ではデジタル化されたスポーツ用器具が設置されており、トレーニングのデータを知ることができます。モナコの新しいスポーツスペース「モナムーヴ(Monamove)」と「パルクール(Parkour)」は、ステファノ・カシラギ大通りのヌーヴェル防波堤にオープンしました。2019年12月12日の開設式には設備・環境・都市計画省大臣コンサルタント、マリー=ピエール・グラマグリア氏、デジタル化移行担当省間代表フラデリック・ジェンタ、元フランス選抜ラグビー選手セバスチャン・シャバルが出席。
このデジタル化された新しいスポーツ設備は屋外で無料で利用できます。コネクテッドされた設備のおかげでスポーツがより一層身近になり、簡単にスポーツできるようになります。「Extended Monaco」が奨励し、「Smart City」プログラムでも重要なこのスポーツ施設は、モナコ人とモナコ住民達のウェルビーイングに貢献することでしょう。スマホのアプリ「モナムーヴ(MonaMove)」を利用すると、各スポーツ用器具に備えられたセンサーのおかげで、リアルタイムで活動量が測定され、セバスチャン・シャバル(筋トレ、姿勢矯正、ストレッチングなど)による目的別トレーニングプログラムを個人に合わせてアレンジすることができます。スポーツスペース「モナムーヴ」には18台のスポーツ用器具と気象計(気温・湿度・大気汚染レベル)が設置されており、100%太陽エネルギーで機能しています。
「パルクール」は子供(5歳以上)向けの新しい遊び場。リュック・ベッソン監督の映画「ヤマカシ」で2000年代に有名になったスポーツ、パルクールを300m2という広々としたスペースで楽しむことができます。お子様達は、ウォールクライミングや様々な種類の器具・設備でアクロバットジャンプ(ギボン、正確なジャンプのためのポール、並行バー、ジャンプ用ボール、ティックタックのジャンプ用キューブなど)に安心してチャレンジ。
Qコードでパルクールの動画にもアクセスできます。
「パルクール」は都市型のスポーツを無料で安全に楽しむことができます。子供向けのスポーツ施設を発展するというモナコの政策にも沿っています。」マリー=ピエール・グラマグリア氏談

 Slider © 広報局/ ミカエル・アレジ