見る

「ラジオ・エティック」- モナコの“グリーンな”ラジオ局 –

発行日 2020/06/11
「ラジオ・エティック(Radio Ethic」」は2005年、エヴリン&ジャン・トネリが開設した、持続可能な発展をテーマとするモナコのデジタル・ラジオ局

ポジティブで前向きな姿勢のこのラジオ局は、ヒューマンな世界へと誘い、様々な段階(地域、国、国際的)での活動やイニシアティヴを紹介し、一人一人の市民意識に注目しながら連帯意識を高める倫理的なコンテンツを発信しています。


「ラジオ・エティック」は24時間毎日放送。日替わりで、持続可能な発展に関するアイデアや実用的なアドバイス、様々なテーマについて情報を提供しています。

「ラジオ・エティック」の番組:
“ウェルビーイングのひと時 (L’Instant Bien-Etre )”:パーソナリティーはファニー・リゴー。中国医学をテーマにした番組。
“モナコ・グリーン(Monaco Green )”:モナコ観光会議局による責任あるモナコ観光がテーマの番組。農業や自己啓発、オーガニックについての専門家のアドバイスを聴くことができます。
その他にも、持続可能な発展分野で活躍する人々のインタビューやルポ、ディスカッションなどを中心に合計約10番組が放送されています。
「ラジオ・エティック」はインターネットまたはポッドキャストで無料で聴くことができます。“ゲスト(L’invité )”コーナーでは、エヴァ・ジョリ、ニコラ・ウロ、ミッシェル・ロカールなどの著名人のインタビューが放送されています。番組“ライブ・エティック(LIVE’Ethic)”ではモナコで開催される持続可能な発展に関するイベント(「エヴァー展示会」、「ノー・フィニッシュ・ライン」など)を生放送で紹介。


「ラジオ・エティック」はインデペンデントで非政治的なラジオ局で、アルベール2世財団の活動に貢献していることからも分かるように、環境を守るアプローチに忠実です。「ラジオ・エティック」では普段から環境に優しい対策(再生紙、社員と社会連帯を尊重、消費エネルギーの節約など)を自ら実践しています。
ウェブサイト「radioethic.com」では様々なオーディオコンテンツを無料で聴くことができます。スマートフォンのための新しいアプリ「ラジオ・エティック(RadioEthic )」も App Store または Google Play からダウンロードできます。

Slider : Manuel Vitali © Directorate of Communication