見る

モナコF1グランプリが再開!

発行日 2021/05/18
この週末、F1グランプリがモナコで再開!

2年に渡り中止されたF1グランプリがモナコのサーキットで再開しました。今シーズン最も注目を集めているレースです。
世界中のレーシングドライバーが勝利を夢みるこの伝説的なグランプリは見どころ満載。現在の状況と精密な走行ラインで追い越しは大変難しいので予選レースが本戦の白黒を左右します。5月20日(木)のトライアル、5月22日(土)の予選、5月23日(日)の本戦まで、モナコはF1グランプリ一色に染まります。
7500人がサスペンスたっぷりのモナコF1を観戦します。観戦席はなんとモナコの中心地に設置されます! 第78回目を迎える本大会では、観客および関係者は72時間以内のPCR検査の陰性証明の提示が義務付けられています。

入場条件に関する情報は こちらからご覧ください。

モナコF1グランプリについてのコメント

ここでしか感じられないスリルが好き」シャルル・ルクレーク
「サーキット自体がもの凄く濃くていつも100点満点」ダニエル・リカルド
「モナコの素晴らしい観客達の前で優勝するのは感動するよ。僕は気持ちを込めて走ってる」ルイス・ハミルトン
「モナコでは入賞したことがないので、ぜひ入賞したい」マックス・フェルスタッペン

 

«ルイ・ヴィトン製トラベルケース入り優勝トロフィー」

何年も前からモナコF1グランプリのスポンサーであるルイ・ヴィトンは、トラベベルケースの優勝トロフィーを特別に創作しました。グランプリ史上初のこのトロフィーは優勝者に授与されます。このトラベルケースはルイ・ヴィトンの最初にアトリエを構えたアニエールのアトリエで作成されました。「モナコF1グランプリのスタイルから発想」を受け、ルイ・ヴィトンの伝統的手法が活かされているこのトラベルケースは第78回目となる本大会を記念するものです。
ルイ・ヴィトンのトレードマークであるモノグラムはモナコの国旗の色である赤となっており、ケースの両側には「ヴィクトリー(勝利)」のイニシャルVを形作る赤と白の線が入っています。白線はサーキットとなるモナコ市内の白線を象徴し、力強さと正確性が要求される高度なレーシング技術を彷彿させます。

モナコの国旗の色を用いたこのトラベルケースは 2021年モナコF1グランプリの優勝トロフィーのために特別に創作されました。優勝トロフィーは全長3,337 kmのサーキットにある19箇所のカーブを象徴しています。

2019年にはルイス・ハミルトンが初優勝を飾りました。第78回モナコF1グランプリの勝者は誰になるか、とても楽しみです!