モナコの最も美しい庭園

今日では多くの人々が庭園へ大きな関心を抱いています。 モナコ公国とその周辺地域は真の庭園地帯となっています。 都市開発から保護するために、公国は195ヘクタールの公国面積に対し25万平米の庭園、緑地を持ちその帯整備計画を遂行しています。これはウィーンについで二番目に緑地帯の多い都市となっています。 シンプルに新鮮さを象徴する珍しい貴重な品種の樹木や花、植物があちらこちらに植えられています。
A
熱帯植物園と鍾乳洞

モナコの高台にある熱帯植物公園は熱帯植物の宝庫。自然が生んだ、信じられないほどシュールな 熱帯植物で溢れています。

見学時間
1時間00
Ligne 2 Jardin Exotique
62, boulevard du Jardin Exotique
ウェブサイト
B
サン・マルタン庭園

1816年にモナコ公国の公共庭園として初めて開園したサン・マルタン庭園は、モナコ公国の飢饉時に住人に仕事を与えるため荒野に造られました。

見学時間
40分
Lignes 1, 2 Monaco-Ville
Avenue Saint-Martin
ウェブサイト
C
カジノ庭園

ソシエテ・バン・ド・メールの庭園は、モナコ公国、モンテカルロの開発と密接に関連しています。モンテカルロは、何もなく乾燥地帯だったスペリュグの岩山にカジノを創設した1893年頃から飛躍を遂げました。

見学時間
40分
Lignes 1, 5, 6 Place du Casino
Place du Casino
D
日本庭園

大公レーニエ3世の希望を受けて、庭園建築家の別府保男氏(別府梢風園 :1990年の大阪国際花と緑の博覧会名誉賞)が禅宗の思想を忠実に取り入れて1994年に造園したこの日本庭園は、モナコ公国の中心地に日本の風景を生み出しています。

見学時間
1時間00
Lignes 1, 5, 6 Portier
Avenue Princesse Grace
ウェブサイト