サン・マルタン庭園

1816年にモナコ公国の公共庭園として初めて開園したサン・マルタン庭園は、モナコ公国の飢饉時に住人に仕事を与えるため荒野に造られました。

当初、サン・マルタン庭園はまさしく地中海の樹木が茂る庭園でしたが(松林、樫、ギンバイカ、ピスタチオなど)、 この地域に順応した異国種と併せて今の庭園ができました。

海洋博物館と大聖堂の間の道路の下に潜むように位置するこの緑の庭園からは、息を飲むほど美しい大海原《グラン・ブルー》を眺めることができます。
岩場の側面に沿って緩やかに蛇行し勾配のある散歩道には、休憩場所が沢山点在しています。庭園の中心地では海を間近に心地よい一息をつくことができるでしょう。

この素敵な庭園は、珍しい植物と彫刻作品が融合して芸術と植物がうまく溶け込んでいます。海にせり出すように造られた眺めの素晴らしい広場には、芸術家フランシス・コーニュによる大公アルベール1世の銅像《Le Prince navigateur(航海王子) 》があります。

 アクセス情報 : バリアフリーの入り口は大聖堂の正面、または海洋博物館の広場前にあります。急な坂道もありますのでご注意ください。

入場無料