大公宮殿のグランアパルトマン

モナコの大公宮殿は、期間限定でグランアパルトマンが一般公開されている私有の公邸です。

大公宮殿には長い歴史があり、数世紀にわたって繁栄と変化を遂げてきました。その起源は13世紀初頭、1215年に遡ります。次々と起こる変革を経て、17世紀には、ジェノバ人が築いた要塞跡はルイ14世時代の特徴が際立つ豪華な宮殿になりました。

モナコ大公オノレ2世は宮殿に膨大な数の芸術品を収集していましたが、フランス革命中に宮殿は略奪されてイタリア軍の病院として使われることになり、その数々の芸術品は失われてしまいました。

今日は、この豪華な宮殿を見学することができます。例えば、オヌール広場、エルキュールの間、鏡の間、ヨークのサロンと寝室、ルイ15世のサロンと寝室、王座の間、そのほかにも数々の会が、壁画、タピスリー、調度品などをご覧頂けます。

グランアパルトマンは車椅子ではアクセスできません(アクセスするには階段の昇降が必要となります)。

 

時間 :
10時から18時 (入場締切は17時30分) 7月1日から8月31日までは10時から19時(入場締切は18時30分)
料金 :
大人 : 8 ユーロ
子供 (6-16 際)、学生: 4 ユーロ
団体や代理店: 要問合せ
料金およびその他施設との共通チケット(大公宮殿、自動車博物館など)についての詳細はこちら) : 料金