見る

Le Larvotto

モナコ公国での滞在は、あっという間にあなたのエネルギーを充電してくれるでしょう。広がる海の青さのメリットは言うまでもありません。

海とグリマルディフォーラムの会議センターと超近代的なイベントに下る、ヴィラザウバー(モナコの新国立美術館)、日本庭園、プロムナード・デ・チャンピオンを発見。

ヴィラザウバー、17アベニュープリンセスグレースモナコで最後のベルエポックのヴィラの一つです。私たちは、正確にその建設の日付を知りませんが、それはうまくそれが「ソシエテ・デ・バンドゥメール」の開発に基本的な役割を果たしたホワイトファミリーに属し、1900年代初頭に設立され、 「モンテカルロのカジノがあります。」 1969年には、「ソシエテIMMOBILIERE Domanialeドゥモナコは、「その会社にプロパティを購入します。
そのため、家と庭は、モナコの国家の財産です。二つの一般的なテーマに現代的なシーンの発見を促進しながら、モナコの新国立博物館は、場所あたり年間、いくつかの展示会を提供し、遺産とあまり知られていないコレクションを高め、ヴィラパロマで「アートと地域「」ヴィラザウバーでアートとスペクタクル」。電話。 :+377 98 98 91 26。

「チャンピオンズプロムナード」プラティニやマラドーナのように、最大のサッカー選手を表彰通りです.... 私たちは、約100メートルグリマルディフォーラムの背後に、海に沿って、石でエッチングされる。この通路は完全に無料です。動物はまた、そこに歩くことができます。

日本庭園 は入場無料で、9時から夕暮れまで開園し、 avenue Princesse Graceにあります。この崇高な庭園は庭師の別府靖男氏によって地中海の7000平米の場所に作られています。 石、水、植物が見事に調和された真の傑作と言えましょう。 街のふもとにあるこの緑地帯はつつじ、サツキや椿などへの霧散布などにより素晴らしい雰囲気をかもし出しています。
モンテカルロの博物館見学を除く散歩所要時間 約1時間

子供には ラルボット広場での回転木馬。

 

©Elena Elisseeva, Alexander Leonov, & Aleksandar Todorovic