今年のその他の大イベント

  • Les Ballets de Monte-Carlo
    2018年12月
  • Festival International du Cirque
    2019年1月
  • Le Rallye Monte-Carlo
    2019年1月
  • Spring Arts Festival
    2019年3月
  • Le Bal de la Rose
    2019年3月
  • Monte-Carlo Rolex Masters
    2019年4月
  • Grand Prix de Formule 1 de Monaco
    2019年5月
  • Monte-Carlo Sporting Summer Festival
    2019年6月
  • Jumping International de Monte-Carlo
    2019年6月
  • Concours International de Feux d'Artifice Pyromélodiques
    2019年7月
  • Gala de la Croix Rouge Monégasque
    2019年7月
  • Monaco Yacht Show
    2019年9月

Le Rallye Monte-Carlo

モンテカルロ ラリーはモナコ自動車クラブによるカー ラリーのスポーツイベントであり、モナコが出発と到着地点となり、主要なルートが北方の特にフランスのアルプマルチム県、アルデッシュ県、ドローム県、オートアルプ県、アルプ オートプロバンス県などに広がっています。

主に1月の冬期に行われます。

その歴史

1906年からパリサロンの新しいモデルとして、11月25日から12月5日の間のパリ/モンテカルロ往復が定期的に行われていました。

1911年にはモナコ人のガブリエル・ヴィアロンとアントニー・ノゲによりまだスポーツイベントとしてよりもモナコへ有名人を招く行事とし、二つの避暑地ライバル都市のニース コートダジュール自動車クラブの活発な活動の種々のイベントに対応するためにモンテカルロ ラリーが始まりました。1930年代はモナコのレースはパリ/ニース クリテリウム、パリ/アンチブ/ジュアン レパン ラリーと共にその著名度を競いあうまでに至りました。

モンテカルロ ラリーのもう一つの特殊性は長い間出発地点がヨーロッパ各地に分散していたことです。それぞれのチームが共通のレースコースのモナコへ集まってきました。この特殊性は1990年代の半ばまで実施され、その著名度を高めました。

車の性能や欧州の道路事情の向上につれて、モナコ自動車クラブはそのレースにスポーツ性を取入れ、参加者の競争精神を高めるために、ラリーは単なるドライブコースではなくなりました。年が経つにつれ、その規則は絶えず変更されました。運転適応性やモナコのF1サーキットの数周などが取り入れられ、チームの多様性が求められました。ラリーの著名度をより高めたのは、ニース丘陵の山岳コースでした。モンテカルロ ラリーはまだ今日のようなスポーツ性を持っていませんでした:レースは単なるスピードではなく、規則的な運転をベースにしていました。

1953年から1956年、1958年から1960年まで、モンテカルロはグラン ツーリズムの欧州チャンピオンシップ、1961年から1967年、1970年から1972年はラリー 欧州選手権に取り入れられ、1973年に世界ラリー選手権(WRC)に参加しました。
1960年代初めから、「特別」レースが始まりました。運転の規則性もまだ考慮されていましたが、特別レース時にはスピードのみが考慮されました。パワーの弱い車のために、綜合ランクは「インデックス」という計算方法が導入されました。そのために、パワーの弱い車が時には別格のパワーのある車に勝つこともありました:1961年にはルネ・トートマンとジャンクロード・オジエがシトロエンのID19で累計最高タイムを出しましたが、実際は普通のパンアーよりも遅れ19番でゴールしましたが。
1960年代半ばには、「スクラッチ」方法が実施されました。インデックス方法は終了し、今や特別レースで最高タイムを出したチームはよりハンディキャップが与えられ、勝者となりました。このように「ファクトリー」レーサーの出現となりました:「ジェントルマン ドライバー」の時代は変わりました。

1970年代初めにはラリーは25年間続くこととなる新しいコースとなりました。
1. 集中コース、出発地点へ競争者を集める 
2. ランキング コース  
3. 共通コース 
4. 最終コース、かって「山岳コース」と呼ばれていたもの。この当時特別レースはサヴォア、イゼール、アルデッシュ、ドローム、オートアルプやニースの山岳地帯を通過していました。

1990年の半ばより、国際自動車連盟(FIA)はカー ラリーの規則の完全な変更を実施しました。実際、ラリーは一般のスポーツで、道端に多くの観衆を集めていました。1986年末のBグループの禁止により、レーサーと観衆の安全が連盟よりより考慮されることになりました。その結果、モンテカルロ ラリーは大きく変化しました。
•集中コースはなくなり: 
•ラリーは一つのコースではなくなり、途中集合地の町がなくなり: 
•アシスタンスポイントが一つの場所に集中され、出入りのタイムが検査されました(これはアシスタンスに時間を失ったチームが次の途中ポイントまで過度なスピードアップをさけるため): 
•特別レース間の観衆の移動を制限し、主催者が最高に一つのコースに集中できるようにする。

2009年から2011年まで、モンテカルロ ラリーはIRCチャンピオンシップに取り入れられ、主催者は新しいコースのために拘束の少ない規則の適用を決定しました。ヴァレンスは新たに出発地点となり、アルデッシュのループコースの後に、ラリーはヴェルコールを通り、チュリニ峠の頂上の二度の通過の後にゴールとなりました。
2012年にはモンテカルロは世界チャンピオンシップの参加に戻りました。

お問い合わせは、