見る

地中海岸のウォーターフロントを満喫

発行日 2021/06/28
モナコは地中海岸沿いの国。海辺を散歩して素敵な発見に感動したり、海を目の前にカクテルや美味しい料理でリラックスしたり、楽しみ方はいろいろ。ラルヴォット地区のフォンヴィエイユ港からエルキュール港まで、モナコの地中海岸沿いを満喫しましょう。

海辺でのモナコ滞在

最高のモナコ滞在と静かでゆったりとした時間を満喫するにはプールサイドやビーチがおすすめ。穏やかな癒しのひと時があなたを待っています。しかも、モナコにはそんな素晴らしい時間を過ごせる場所がたくさんあります。そのひとつがホテル・メトロポール・モンテカルロ。ホテル・メトロポール・モンテカルロ内にあるエスパス・オディセイはまさに都会のオアシスです。緑に囲まれたこのラウンジバー&レストランのデザインはカール・ラガーフェールドが担当しました。温めた海水を使った贅沢なプールを目の前に地中海料理を堪能しましょう。

ホテル・メリディアン・ビーチプラザもおすすめです。ホテル・メリディアン・ビーチプラザにはプライベートビーチが2箇所、屋内プールと屋外プールが一つずつあります。バリ島の伝統的な天然藁葺き屋根が素敵なアラン・バー(Alang Bar)でトロピカルフルーツ・カクテルを口にするとパラダイス気分。プライベートビーチでは様々なマリンスポーツやレジャーを楽しめます。地中海岸らしい雰囲気に包まれて、リラックスという言葉の意味が実感できる癒しのひと時…。
モンテカルロ・ベイホタル&リゾートもすぐ近くにあります。落ち着いた雰囲気のこのリゾートホテルの自慢は4ヘクタールという広さの庭。その広々とした空間では、ソーラールーム、滝、プール、ターコイズブルーのラグーンがあなたを待っています。砂浜を素足で散歩するのがとても気持ち良い場所です。ラグーンのバー、イポカンプ(Hippocampe)はリラックスするのに最高の場所。さらにゆったりとした時間を過ごしたい方にはコクーン・ベイ(Cocoon Bay)がおすすめです。日常とかけ離れた素晴らしい空間で日々の雑事を忘れさせてくれます。
見晴らしの良い場所がお好きな方にはフェアモント・モンテカルはいかかでしょうか。一年中利用できる温水プールやリヴィエラ海岸を目の前にしたニッキ・ビーチ(Nikki Beach)があります。モナコF1グランプリのサーキットと地中海に挟まれたこのホテルはモンテカルロ・カジノのすぐ近くという素晴らしいロケーション。ノボテル・モンテカルロにも素敵な魅力が隠されています。このホテルの広々としたテラスとリヴィエラをイメージした庭、プールや屋外スペースは外から見えないのでゆっくりくつろげます。アジューラ・キッチンバー(Azzurra Kitchen Bar)ではデトックスジュースの他にも、南フランスらしい料理を楽しむことができます。モナコではウェルビーイング体験も是非お試し下さい。モンテカルロ駅のすぐ近くに位置するモンテカルロ・ビーチは別荘風のホテルです。オリンピックサイズのプールの水は27度に温められており、目の前には地中海が広がっています。エレガントで落ち着いた大人の空間を満喫しましょう。バー&レストラン、デッキ(Deck)のテラスでは季節の素材を生かしたグルメな料理でくつろぐことができます。

ラルヴォット・ビーチ

ラルヴォット・ビーチは設備全体がリフォームされたばかり。子供も大人も木陰の涼しい散歩道やビーチで楽しく遊ぶことができます。モナコの青い空のもとで、モナコ住民も観光客も一緒に海水浴を満喫しましょう。ラルヴォット・ビーチには、ゆったりくつろぎたい方におすすめのラ・ローズ・デ・ヴァン(La Rose des Vents)、ネプチューン(Neptune)、ラ・ノート・ブルー(La Note Bleue)、マイアミ(Miami)の4箇所のプライベートビーチもあります。ミュロ(Mullot)のアイスクリームもお忘れなく!

港を囲むテラス

大切な人々と一緒にテラスで楽しく過ごす時間は、素敵な旅行の思い出として残ることでしょう。リラックスして楽しいひと時を満喫できる、落ち着いた雰囲気のテラスがモナコにはたくさんあります。まずはエルキュール港沿いに行ってみましょう。モナコらしい、ゆったりとしたくつろぎのひと時をマリーナ沿いに並ぶ数々のテラスで体験してみませんか。モナコ・ヨットクラブと繋がっている建物にあるレストラン・ド・ラ・ソシエテ・ノティックでは、足元を地中海に浸したまま、穏やかな波音をBGMにリラックスしながら食事を楽しめます。モナコF1グランプリのサーキットのなかでもF1カーが最もスピードを出す箇所はこのレストランのすぐ近くにあります。大きなヨットが停泊しているエタジュニ埠頭から、ラ・ピシーヌ道路の真向かいにあるこじんまりとした桟橋に向かって進むと、ブラッスリー・ド・モナコ(Brasserie de Monaco)が見えます。くつろいでビールを飲むのにぴったりの場所です。マストにはためくシュラウドの音とレストランで流れる音楽の共演をおしゃれなカクテルを味わいながら楽しめるのもこの辺りです。モンテカルロ・カジノが正面に見えるアントワーヌ1世埠頭にあるのはスターズン・バー(Stars’n’bars)です。このレストラン&バーはグルメな飲み物や料理でおもてなししながらも環境保護問題に積極的に取り組んでいます。

 

 

モナコの特徴のひとつは多様性です。モナコにある二つの港はそれぞれ特徴があります。モナコのもうひとつの港、フォンヴィエイユ港はモナコ旧市街の下にあり、エルキュール港界隈同様に散歩するのも楽しいエリアです。この港に停泊しているのは最新の大型ヨットやモーターボートではなく、地元の人々が保有する小さな船です。エルキュール港よりこじんまりとした感じですが、雰囲気のある魅力的な港です。モナコ・ヴィルからジャン=シャルル・レイ埠頭にかけて、カモメの声を聴きながら歩いていると現れるのはモナコ海洋博物館と大聖堂です。地中海と共演する素晴らしい景色に旅行客はしばし足を止めることでしょう。このエリアにも多種多様なお店が軒を連ねています。イタリア料理の老舗ラ・サリエール(La Salière)、カジュアルなワインバーのル・ルージュ・エ・ブラン(Le Rouge et le Blanc)、イギリス風パブが好きな方のためには最近リニューアルしたばかりのシップ&キャッスル(Ship & Castle)、珍しいモナコ産の牡蠣が楽しめるレ・ペルル・ド・モンテカルロ(les Perles de Monte-Carlo)など。防波堤の端にたたずむこのお店のテラスでモナコ産の牡蠣を堪能しましょう!

 

©BVergély