LeaderBoard 1 LeaderBoard 2

庭園

文化

今日では多くの人々が庭園へ大きな関心を抱いています。 モナコ公国とその周辺地域は真の庭園地帯となっています。 都市開発から保護するために、公国は195ヘクタールの公国面積に対し25万平米の庭園、緑地を持ちその帯整備計画を遂行しています。これはウィーンについで二番目に緑地帯の多い都市となっています。 シンプルに新鮮さを象徴する珍しい貴重な品種の樹木や花、植物があちらこちらに植えられています。

熱帯植物園と鍾乳洞

「多肉植物」と呼ばれる数千の品種が集められているこの熱帯植物園は1933年に創設され、世界中の人々から称賛されている素晴らしい岩山の中腹に建てられています。 自然の豊穣さ、珍しさの超現実主義的な王国と言えましょう。  »続きを参照

アントワネット王妃庭園

絢爛な入り口はブーガンビリエの花カーテンで飾られています。 聖木の王国と言えます。  »続きを参照

庭園とカジノのテラス

カジノの上方に、芝地と素晴らしい噴水の「フランス風」庭園に囲まれた繁茂する植物の「小アフリカ」庭園、下方には「ヘキサグレース」に続く太陽に照らされたテラス、海岸に垂直にそびえるヴァサリリーの多彩な驚くべき作品。  »続きを参照

日本庭園

山、丘、滝、小川などの大自然を象徴したこの素晴らしい7000平米に広がる禅宗の精神を厳格に尊重した真の日本庭園です。  »続きを参照

サンマルタン庭園

丘陵に沿った小道が整備されたこれらの庭園はロシェ南東側に面しています。  »続きを参照

動物園

グリマルディの高台ロシェの南面にあるこの動物園は1954年にレニエ3世によって創設されました。  »続きを参照

フォントヴィエイユ公園とグレース公妃バラ園

バラ、オリーブ、椰子の木が植えられた4ヘクタールの小さな湖は静寂な憩いの場所を提供しています。 フォンヴィエイユの散歩道につながり、多くの現代彫刻が鑑賞できます。 レーニエ3世大公がグレース大公妃を偲んでバラ園を創設したのは1984年6月18日のことです。 創設後30年を経て、グレース大公妃バラ園は新しくさらに広くなって再オープン。5000㎡の敷地に300品種にもおよぶ8000本のバラの木が植えられており、魅力はそのまま。 グルマルディ家のバラ、大公や大公妃のバラ、セレブの名前がつけられたバラなどを発見するのも楽しみです。 イントラアクティブなパネルや、バラの品種について知ることができるQRコ... »続きを参照