モナコ政府観光会議局の国際会議 モナコにて開催

モナコ政府観光会議局(以下DTC)の外国支局10局の代表が今年もモナコに集いました。

2013年2月11日から2月15日まで、DTC総局長であるギヨーム ローズのもとに外国支局10局の代表が集まり会議が行われました。

魅力を世界にアピールするし続けるための様々な市場別の戦略を決定するために開かれたこの会議のプログラムはたいへん密が濃いものでした。

Raising stones Agencyの協力により、Building Team Day の企画は大成功。Building Team Dayではロードブック式の“宝探しゲーム”でモナコと外国支局のスタッフたちの連帯感を高め、モナコの魅力を発見してもらうことができました。

その他にも、モナコの観光地関係者や、旅行業者、ホテル、グリマルディフォーラムと共に多くのワークショップが開催され、観光施設の改革や新しい宿泊・観光プランの提案などについての情報がアップデートされました。

メトロポール、フェアモント、ノボテルではビジネスランチとビジネスディナーが催され、参加者たちはモナコの飲食サービスの幅の広さをよく理解することができました。また、モンテカルロ市長ジュルジュ マルサンの協力によりアルム広場(la place d’Armes)の市場ホールを貸し切って行われたパーティーでは招待されたDTCのパートナーたちにモナコの本物の魅力を味わって頂くことができました。

バレンタインデーにはモナコ管弦楽団のコンサートがオペラ・ガルニエで行われ、モナコの文化的イベントの豊かさをアピールしました。