モンテカルロ・バレエ団の2019年/2020年のシーズン

発行日 2019/10/11

モンテカルロ・バレエ団の新シーズンの開幕は2019年10月23日

モンテカルロ・バレエ団は今シーズンもさらに豊かなプログラムを用意しています。

2019年10月23日〜10月25日 モンテカルロ・オペラ座のガルニエホール

ニジンスキー・プログラム」では4つの創作をご覧頂けます。

・「ダフネ& クロエ」 (振付:ジャン=クリストフ・マイヨー、音楽:モーリス・ラヴェル)
・「薔薇の精」 (振付:マルコ・ゲッケ、音楽:カール=マリア・フォン・ウェーバー)
・「牧神の午後」 (振付:ジェローン・ヴェルブルジャン、音楽:クロード・ドビュッシー)
・「ペトルーシュカ」(振付:ヨハン・インガー、音楽:イーゴリ・ストラヴィンスキー)

モンテカルロ・バレエ団のダンサーたちはモンテカルロ管弦楽団の演奏で踊ります。指揮者は山田和樹。


2019年11月5日〜11月7日 モンテカルロ・バレエ団のアトリエ


プログラム「インプレヴュ( Imprévus )」の一環として、モンテカルロ・バレエ団の稽古場が一般公開されます。世界の一流のバレエ団やダンスカンパニーに入団するための高いレベルのダンス教育を実際に目にすることができます。


2019年12月4日〜12月6日 モンテカルロ・バレエ団のアトリエ


プログラム「インプレヴュ( Imprévus )」の一環として、モンテカルロ・バレエ団のお稽古場が一般公開されます。年末に公開されるジャン=クリストフ・マイヨーの作品を先駆けて垣間見ることができます。

2019年12月27日〜2020年1月5日 – グリマルディ・フォーラムのプリンスホール

 モンテカルロ・バレエ団が、監督ジャン=クリストフ・マイヨーによる振付けの「コッペリア」を踊ります。2人の若者は初めてエロティズムを感じます。愛とは何かを知っていると信じ込んでいる若い2人に人工ロボットが疑う気持ちを吹き込みます。ジャン=クリストフ・マイヨーはロマンティック・バレエの代表作を新しく演出し、テクノロジーが発展した社会における理想のパートナー探しについての考察を呼びかけます。理想なパートナーとは、私たちにとって近しい本物の人間でしょうか?それとも、人間の外見について問いかける、私たちとは異なる存在でしょうか?

2020年4月2日〜4月4日 モンテカルロ・バレエ団のアトリエ

プログラム「インプレヴュ( Imprévus )」の第3回目となるこのアトリエでは、初演が近づいている独特な雰囲気の中でのダンサーたちのお稽古を間近で見学するという貴重な体験ができます。


2020年4月23日〜4月26日 グリマルディ・フォーラム

バラエティーに富んだ作品を楽しめる大胆な演目。テクニック的にも芸術的にも高いレベルを要求される作品をモンテカルロ・バレエ団のダンサーたちが踊ります。 

・「アルトロ・カント I」ジャン=クリストフ・マイヨー
・「4つの気質」ジョージ・バランシン
・「カジ・カザ」マッツEK


2020年5月7日〜5月9日 モンテカルロ・バレエ団のアトリエ


プログラム「インプレヴュ( Imprévus )」の一環として、このアトリエではモンテカルロ・バレエ団のダンサー達は舞台に立ち、高等美術学校ボジオ館で舞台装飾を学んでいる学生達とコラボしながら振付けを創作します。


2020年6月26日〜6月28日 モンテカルロ・オペラ座のガルニエホール


グレース大公妃バレエ学校の生徒たちが毎年恒例の学年度末ガラ公演を行います。卒業後は他のバレエ団へと旅立つ生徒たちの踊りを見る最後の機会となります。

2020 年7月4日午後8時  モンテカルロ・カジノ広場
2回目を迎える「ダンスしよう!フェスティバル(F(ê)aites de la danse !)」を開催。 モンテカルロ・バレエ団のダンサー達とジャン=クリストフ・マイヨーが皆様をありとあらゆるタイプのダンスの祭典へと誘います。モンテカルロ・カジノ広場で一緒に踊りましょう。

会場

  •  モンテカルロ・バレエ団のアトリエ
  • カジノ広場
  • モンテカルロ・オペラ座
  • グリマルディ・フォーラム
  • グレース大公妃バレエ学校

写真クレジット:アリス・ブランジェロ