見る

ご存知ですか?

発行日 2020/03/03

モナコでは家族が社会の中心。モナコはひとつの大家族のような国という人もいるほど!

モナコを訪れる方達にとっても、モナコの住民にとっても、モナコはご家族が安全で質の高い環境で充実した楽しい時間を過ごせる場所です。学校、様々なアクティビティの場、公園、庭園、ビーチなど、モナコではお子様のいる家庭にとって広範囲に渡る施設が揃っており、しかも安全レベルは世界でもトップクラス。モナコでは一年を通じて、年齢にも国籍にも関係なく全ての人が楽しめる多くのイベントが開催されます。ご家族で一緒にモナコで素敵なひと時を過ごしましょう。

  • モナコに住む子供達が毎年最も楽しみにしているイベント、それはモナコ大公宮殿のクリスマスツリー (arbre de Noël du Palais Princier) ! T毎年、クリスマスの少し前の日に、約500人のモナコの子供達(5〜12歳)が宮殿に招かれ、大公一家から直接クリスマスプレゼントを受け取ります。モナコ大公アルベール2世とシャルレーヌ大公妃、そしてサンタクロース本人が子供達を喜ばせるのです。

  • 星空の下で映画鑑賞?モナコでは可能です! モナコでは20世紀半に屋外映画館「オープン・エア・シネマ(Open Air Cinéma) 」をオープンしました。この屋外映画館はモナコ・ヴィルにあります。留置場のテラスの近くいう一風変わった場所にあるオープン・エア・シネマは6月半ばから9月半ばまで営業しています。座席数は500、面積200m2を超える大スクリーン。気持ち良い屋外という環境で原語版の映画を楽しむことができます。ぺシュール大通りの夏の星空の下で、素敵なひと時を過ごしましょう!

  • モナコには家族でスポーツを楽しめる場所もたくさんあります!オープンエアシネマのすぐ近くにあるモナコ・ヴィルのスケートパーク(Skate Park )では、キックボードやローラースケートでちょっとスリリングな感覚を味わってはいかがでしょうか。8歳以上から入場可能です。スケートパークに近いぺシュール大通りには屋内カーティング場( karting électrique indoor :冬季のみ営業)もあります。安全な環境と設備でスピード感覚を楽しみましょう。スピードが怖い大人なお子様には、オリーブの木と地中海に囲まれた静かなアントワネット妃公園でミニゴルフ( minigolf )やバスケットボール(basket )がおすすめ!

  • モナコの面積は2km² 。そのうちの5 000 m²以上(アメリカンフットボール競技場を超える広さ)がお子様用の遊び場(aires de jeux pour enfants )として設備されています。フォンヴィエイユ地区のルイ2世競技場のそばにあるアーヌ庭園からムラン広場まで、モナコ国内にはお子様用の遊び場があちこちにあります。お子様にも大人にも暑い季節の涼みを楽しむのにぴったりの場所でもあります。

  • 冒険好きな方達にぴったりのアクティビティー、エスケープゲーム( escape games )。親御さんもお子様達も一体となって調査を行い、謎を解いて任務を遂行…。イリス・ゲーム社は14歳から参加可能なエスケープゲームを提案しています。1920年代のアメリカのニュージャージー州の華やかな雰囲気、モナコで見つかった血まみれのスーツケース、南フランスの奇妙な列車など、バラエティーに富んだシチュエーションで、頭と体を使って楽しむ風変わりなゲームに挑戦しましょう。

  • 絵画、海洋学分野、人類学分野など、モナコでは楽しみながら学べる、遊び心いっぱいのクリエイティブな文化教室(ateliers créatifs, ludiques et culturels )が数多く開催されています。
    絵画教室:モナコの港沿いに位置する、ベルギー出身のアーティスト、ジャン=ミッシェル・フォロンのアトリエでは、デッサンの遠近描写法や水彩画など、様々な絵画のテクニックを学ぶことができます。ご家族で美術に親しむ素敵なひと時を分かち合いましょう。
    モナコ海洋博物館:好奇心旺盛なお子様達にはモナコ海洋博物館のスナッパー・クラブ( Snapper Club )がおすすめ。スナッパークラブでは海の世界について楽しく学びます。スナッパークラブは学校休暇中に1週間開催されるお子様向けの教室で、お子様達が海についての関心と知識を深めることを目的としています。
    グリマルディ・フォーラム:夏季の特別大展覧会にちなんだお子様向けの様々な教室を開催。お子様達が文化と知識を楽しみながら身につけるのにぴったりの教室です
    モナコ先史人類学博物館:常設展覧会「モナコのマンモス」のイベントの一環として開催される教室はモナコ先史人類学博物館で催されます。お子様達は、ゲームや調査教室、色塗りなどを通じて楽しく先史時代について学びます。
    モナコ新国立美術館:パロマ館とソベール館では月2回(日曜日)に家族向けの教室(所要時間:45分)を無料で開催しています。

  •  モナコでは演劇やコンサートなどのスペクタクルも年を通じて多く上演されちます。モンテカルロ・フィルハーモニー管弦楽団(Orchestre Philarmonique de Monte-Carlo )では4歳から鑑賞できる年少のお子様向けのコンサートやイベントを開催しています。レーニエ3世オディオリウムで、ユニークな作品のコンサートや映画、音楽付き物語会などをご家族で楽しめる絶好の機会です。モネゲッティ地区にあるミューズ劇場( théâtre des Muses )ではお子様向けの即興劇教室や演劇を提案しています。初夏にはフェット・ドゥ・ラ・ダンス (F(ê)aites de la danse)が開催されます。カジノ広場が一夜だけダンスフロアに変身。大人も子供も、観客であると同時に参加者となってこのダンスフェスティバルを満喫しましょう。

  • モナコをちょっとユニークな方法で家族で発見するにはモナコ・グリーン・デイズ( Monaco Green Days )をおすすめ!モナコ観光会議局が主催するモナコ・グリーン・デイズは、責任ある観光をモナコで広めるためのイベントです。庭園の見学、徒歩や自転車でのモナコ観光、お子様向けの教室など。

  •  「ここでは他でしているようなことは絶対しない」とはモンテカルロ・カジノ(Casino de Monte-Carlo)の創立者フランソワ・ブランの言葉です。息を呑むような装飾の伝説の場所に足を踏み入れ、1863年に建てられたベルエポック時代の素晴らしい建築を見学しましょう。モンテカルロ・カジノは毎日午後2時からの営業ですが、シャルル・ガルニエによるベルエポック様式の建物はご家族での見学用に午前10時から正午15分まで公開されています。