見る

進化するモナコ の文化・芸術活動

発行日 2020/05/09
モナコ の文化・芸術施設は、新しい見学方法や様々な角度やメディアによる芸術・文化の配信とシェアで活動し続けています。

皆様とのつながりを大切にし、アクティブに活動し続けるために、モナコの文化・芸術施設は積極的なアプローチでヴァラエティ豊かなイベントを次々に提案しています。今、楽しむことを忘れてはいけません。お一人様でもご家族やお友達と一緒の方も、モナコ のカルチャー情報をどうぞお見逃しなく! 

モンテカルロ・フィルハーモニー管弦楽団

モナコ公女、そしてハノーファー王子妃でもあるカロリーヌ・ド・モナコが会長を務めるモンテカルロ・フィルハーモニー管弦楽団は、イエナカ音楽シリーズで皆様に音楽を楽しんで頂いています。楽団員たちはそれぞれの自宅でパソコンやスマホの画面前で楽団のレパートリー作品を一緒に演奏し、フェイスブックやインスタグラムなどのSNSから配信しています。今だからこそ楽しめるこのコンサートをどうぞお見逃しなく。SNSで見逃してしまった方もアーカイブで以前のコンサートを鑑賞することができます。モナコ大公憲兵音楽隊のコンサートもモンテカルロ・フィルハーモニー管弦楽団のウェブサイトでご覧頂けます。

 

モンテカルロ・オペラ

オペラの曲を口ずさんだり、お気に入りのオペラのメロディーに心をゆだねたい…、そんな楽しみもあなた次第です。ジャン=ルイ・グランダが率いるモンテカルロ・オペラは皆様とのつながりを大切にし、皆様がアーティスト達を身近に感じることができるよう様々なプログラムを用意しています。このプログラムでは、前年上演された中でも最も注目を集めた公演を鑑賞、または再鑑賞することができます。
プログラム: 「ファルスタッフ」(ジュゼッペ・ヴェルディ作)と「ランメルモールのルチア」(ガエターノ・ドニゼッティ作)。場面または幕ごとに物語に沿いながらドラマシリーズのように配信されます。

 

モンテカルロ・バレエ

才能溢れるダンサー兼振付師のジャン=クリストフ・マイヨーが率いるモンテカルロ・バレエも、フランスの国営放送テレビ局「France 3 (プロヴァンス・アルプス・コートダジュール地方局)」のウェブサイトおよびモナコのテレビ局「Monaco Info」にて素晴らしい作品の幾つかを配信しています。「LAC〜白鳥の湖〜」、「ラ・ベル(美女)」、「くるみ割り人形」、「ファウスト」などの豪華なバレエ公演をお楽しみ下さい。

 

グリマルディ・フォーラム

国際的文化センター、コンフェランスセンター、環境に責任持つ展示会場であるグリマルディ・フォーラムも「Thursday Live Session」など、様々なコンテンツをFacebookに載せています。「Thursday Live Session」は毎月1回木曜日にグリマルディ・フォラーム内のエスパス・インディゴで開催されているミュージックライブコンサート。そのライブコンサートを今月は皆様のご自宅で楽しむことができます。5月7日に「Thursday Live Session」初のデジタルライブをFacebookで披露したのはニース出身のアーティスト、「フィール・グッド・スピリット(feel good spirit) 」を体現するメディ。Facebookは彼の一夜限りのライブステージとなりました。
このデジタルライブの他にも、音楽で心地よい雰囲気に浸りたい方には、グリマルディ・フォラームの芸術監督アルフォンソ・シウラが特別にセレクトしたプレイリストもおすすめです。グリマルディ・フォラームのFacebookのページをクリックするだけで素敵な音楽を楽しめます!

展覧会に関しては、アートモンテカルロ展覧会(Salon Artmonte-carlo)が残念ながら中止となってしまいましたが、グリマルディ・フォーラムは芸術作品とアートギャラリーについて紹介するために代替イベントをインターネットで提供しています。「Selected statements 」と名付けられたこの企画は、展覧会のカタログという形式で公開されています。PDFフォーマットなので誰でも簡単にアクセスすることができます。芸術界で活躍する様々な著名人が最新の芸術作品についてコメントしている興味深い内容となっています。

 

モナコ海洋博物館

再オープンを待ちながら、SNSやホームページで積極的に活動を続けているモナコ海洋博物館。SNSやホームページでは動画、ヴァーチャル見学、ゲームやレクチャーなど、多様なコンテンツをお楽しみ頂けます。
パソコンの画面から、歴史豊かな建物、「海亀のオデッセイ」ホールやサメのラグーン、90槽もある水槽、何100匹もいるイソギンチャクなどを発見しましょう。モナコ海洋博物館のウェブサイトでは、小さなお子様達も楽しめるように「キッズ」専用コンテンツも豊富です。内容は小さなお子様のためのテーマ別教育カードや色塗り遊びなど。
その他にも、モナコ海洋博物館のウェブサイトでは写真家ダヴィッド・ドゥビレのヴァーチャル展覧会も鑑賞できます。ナショナルジェオグラフィックの海中写真家として有名なダヴィッド・ドゥビレの作品で素晴らしいひと時を過ごしましょう。

 

オブゼルヴァトワール鍾乳洞と熱帯植物園

岸壁の側面に建設された熱帯植物園からは、息を呑むほど美しいモナコの景色を見渡すことができます。気持ちの良い贅沢な環境の中、代表的な品種が一同に集まったサボテンや変わった熱帯植物を鑑賞しましょう。残念ながら現在は閉園中ですが、ウェブサイトからはいつでもお好きな時に華やかな熱帯植物や美しい花々をヴァーチャル見学できます。洞窟探検家になった気分でオブゼルヴァトワール鍾乳洞の見学もおすすめ。鍾乳石や石筍に覆われた洞壁を眺めながら海抜0mの奥まで進むことができます。

 

モナコ先史人類学博物館

ヴァーチャル見学はまだ行われていませんが、SNSで皆様とつながっているモナコ先史人類学博物館。SNSでは「地中海岸地方都市の中世時代における城壁建設と現代化」などをテーマとした読み物、博物館でも最も重要な展示品とコレクション、クイズ、塗り絵など、子供達の歴史を学ぶ意欲を高めるコンテンツを毎日紹介しています。

 

モナコ新国立美術館

モナコ新国立美術館では主に現代美術のなかでもまだ知られていない作品やコレクションの価値を高めることを使命としています。その活動の2つの主軸となるテーマが「アートとテリトリー」(パロマ館)、そして「アートとスペクタクル」(ソベール館)。
19世紀から21世紀にかけて創作された1万点を超える常設展示コレクションを誇るモナコ新国立美術館では年に数回展覧会を開催します。現在は、ウェブサイトでウジェーヌ・フレイの照明舞台装飾の特別展覧会「ヴァリエーション」をご覧頂けます。照明舞台装飾のはあまり知られていない舞台装飾技術です。照明舞台装飾は影絵演劇の延長として1900年代に始まり、モンテカルロ・オペラでは1930年代まで発展し続けました。その他にも、モナコ新国立美術館のウェブサイトでは毎週土曜日に、ご自宅で実践できる手作り教室(影絵劇、ストップモーションによる動画など)を公開しています。

 

切手・貨幣博物館

切手と貨幣の愛好家や収集家におすすめのヴァーチャル見学。切手・貨幣博物館のウェブサイトでは、モナコの歴史を語る珍しい切手や貨幣を紹介しています。博物館を自由に見学し、展示品をゆっくりお好きなだけ鑑賞する良い機会となることでしょう。

 

モナコ360° - モナコをヴァーチャル体験 -

モナコに実際にいるような感覚を体験できるヴァーチャルトリップにチャレンジ。パソコンやスマートフォンから簡単にアクセスできるこのヴァーチャルリアリティー体験では、モナコの豊かな歴史や文化を驚くほど細かいディテールまで見ることができます。有名な美術館や博物館、高級ホテル、様々な庭園や公園、美しい風景など、モナコの見所の数々をパソコンやスマホでクリックするだけで見ることができます。画像を拡大することもできるのでディテールも楽しめます。次回のモナコ旅行の計画を立てるためにもおすすめです!

 

モナコ・メディアテック

モナコの文化の場であるメディアテックも多様なアクティビティをSNSやウェブサイトで提供しています。メディアテックの楽しいアイデアやコンテンツをFacebookやウェブサイトでご覧ください。お子様から大人まで楽しめるアクティビティーが豊富に用意されています。手作りできるゲーム、ハンドメイド教室、オーディオブック、クイズ、ウェブサイトのリストやレシピなど、盛り沢山の内容です。

 

モナコ・オーディオヴィジュアル研究院

「モナコを映画で」をテーマに、モナコ・オーディオヴィジュアル研究院のアーカイブを公開中。「映画におけるアートと技術の全て」シリーズの一環として、モナコのあるひと時をいくつか見ることができます。アーカイブの短編映画を通して昔のモナコの世界に浸りましょう。ちょっとユニークな楽しいモナコ体験です。

 

Slider : © Site OPMC