モナコ大聖堂

 1875年に建設されたこのラ・ツルビの白石のロマネスク・ビザンチン様式の聖堂には歴代の大公の墓石があります。 

内部の装飾では1500年のニースの画家ルイ・ブレアによる祭壇画があり、カララ白大理石の司教座や祭壇が見られます。 1976年に設置された4つのキーボードを持つ大きなオルガンが使用され宗教祭の機会にはミサが行われ、また素晴らしい宗教音楽などのコンサートが開かれます。 9月から6月までの毎日曜日の10には「モナコ少年合唱団」と「大聖堂合唱団」が参加する賛美歌ミサが行われます。
入場無料 (ミサ時は除く) 

8時30分から19時まで(冬季は18時まで)