約束された目的地

モナコ アルベール2世殿下は即位後から国内、国際レベルでの力強い持続する開発政策を行っています。特に生物多様性、資源管理、温暖化ガス削減などが対象となっています。

環境政策

アルベール2世殿下はモナコ公国を1990年比較で2030年に50%の温室ガス削減を約束し、2050年にはカーボン ニュートラルに達するコミットを新たに宣言し、異常気候現象の問題における海洋を考慮する多くのアクションを行っています。 使用/より 詳細は

実施されているアクション

天然遺産の保存 

天然遺産管理は政府の需要な政策の1つです。環境局は海洋および地上生物の調査および監視プログラムを実施しています。

海洋分野:公国は海洋生物を保護し:公国水域の全域が「Pelagos」海洋水域となっています。 2つの海洋保存地域がモナコに設定されています。
最初は、ラヴロットに位置する50ヘクタールで70年代に設定されました。 ポシドニア海草、ペンシェル貝、ハタなどが見られます。2つ目は1986年に特に赤珊瑚を保存するための珊瑚礁が設定されました。

地上では、公国は880種類の植物が繁殖し、内18種類が遺産登録されています。種々の調査により野生動物や植物の存在が明らかになり、特に珍しい昆虫や脊髄動物がみられます。ロッシェには一対のハヤブサの巣があり、繁殖しています。

樹木やいくつかの植物保存政策は「樹木法」を定める土地開発局によって実際されています。この法は市内の樹木その重要性、利点を規定し、公国の樹木遺産を調査しています。 使用/より 詳細は

監視

-大気品質検査

環境や健康のためのリスクを予防するために、20年以上前より全土に認可された5つの自動検査ネットワークが設置されています。自動的な連続測定や手測定の後、ラボにおいて分析が行われます。これらの測定データ全体の処理は環境局によって行われ、AtmoSud(プロバンス アルプ コートダジュール認可の専門機関)により確定されます。

監視されている公害要素:

  • 一酸化炭素 (CO)
  • 窒素酸化物(NOx)
  • 二酸化硫黄(SO2)
  • オゾン (O3)
  • 微粒子

視設備は政府間インターネット ポータル上に 空気質指数「IQA」でオンラインされています。品質は0から100までのインデックスで表され、環境局による大気品質測定の5つのステーションからのデータをベースに計算されています。
気象予報を考慮し翌日(J+1) の IQA予報もされています。

-海岸水域の水質検査
公国は海洋での構成物(水質、沈殿物、生息生物)全体の測定や、また水域に影響を与える自然物や人為的起源の知識をベースに海岸地域の科学物理上の品質管理も行っています。
水浴地帯(ペッシャー、ソラリウム、ラヴロット海岸)では毎週の測定により衛生監視も5月から9月末まで実施されています。海水浴シーズンの終わりには基準順守宣言が作成されます。
6月から9月までの夏期は、測定値はラヴロット海岸の監視ポストやモナコの入国スクリーン上に表示されます。

天然資源の管理

水およびゴミの持続する管理が公国で行われています。モナコは二つの水資源を有しています:公国東地区にある泉より処理される飲料水およびロヤ地下水からの東地区水源およびヴァール河川域からの西地区水源があります。
節水運動は資源の持続する管理において需要な要素の1つです。水の過度な消費は軟水資源特に市街地で影響を与えます。リーズナブルな消費はエコシステムからのストレスを減少し、水源地や排水処理場の寿命を長くもたせます。この数年間は、民間、公国期間などによる一般家庭の意識向上によりモナコでの水消費量は大きく減少しています。  
使用/より 詳細は
ゴミの選別は実施されています。広い奨励政策が強化されています。 www.sma.mc/
エネルギーに関しては、政府は公国のコミットメント、特に京都条約を尊重する環境政策を実施しています。2020年まで、モナコはエネルギー効率の20%向上、再利用エネルギー消費を20%にまで達することを目標としています。
気候変動に対する闘い、これらの変化への適応などを持続する開発におけるエネルギー 気候プランで実施しています。より 詳細は

温室ガス削減

モナコ公国では2030年には1990年に比較し50%のガス削減をコミットしています。
この目標を達するために、モナコでのガス排出の主な3つの分野、道路交通、ごみ処理、建築物のエネルギー損失に活動するために、エネルギー転換ミッションが創設されました。
ミッションはまた具体的な広範囲のプロジェクトを実施するためにナショナルグリーン基金を管理しています。
道程管理のための白書を作成し、エネルギー転換ミッションはモナコの再利用エネルギーの開発に努力しています(太陽エネルギー、海洋熱、地熱など)。
同時にエネルギー転換協約が発せられました。すべての民間あるいは公共分野において温暖化ガス減少のための義務事項や自発活動を可能にしています。
より 詳細は

モナコ、責任ある観光の目的地

モナコでは、観光分野は公国政府による環境政策を順守しています。あらゆるアクターは観光では、より責任ある行為を、天然資源の最適な管理のためのソリューションを実施しています。
目的地およびそのパートナーは水保全、生物多様性、温暖化に対する戦いのために実行しています。
例えば、大多数のホテルは環境保全認証を選び、公共交通機関の開発や効果的な種々のソリューションにより環境に優しい移動を実施しています。啓蒙運動は選別、食物の浪費、生物多様性などのテーマによって定期的に行われています。

Green is the new Glam 

モナコ観光・国際会議局は2018年に責任ある観光の促進を目的とする « Greenis the new Glam »のスローガンによる新たなコミュニケーション戦術を始めました。
メッセージは責任あるデラックス観光の目的地としてのモナコの位置づけを明確にすることです。
あらゆる分野や国際的な手段で展開し、特に« Green is the new Glam » のビデオキャンペーンやポスターなどでパートナーの努力を強調し、移動手段、魅力的なセンター、公国のイベントなどを通してグッド プラクティスを奨励しています。