今年のその他の大イベント

  • Monte-Carlo Sporting Summer Festival
    2018年6月
  • Monaco Yacht Show
    2018年9月
  • Festival International du Cirque
    2019年1月
  • Le Rallye Monte-Carlo
    2019年1月
  • Spring Arts Festival
    2019年3月
  • Le Bal de la Rose
    2019年3月
  • Monte-Carlo Rolex Masters
    2019年4月
  • Grand Prix de Formule 1 de Monaco
    2019年5月
  • Concours International de Feux d'Artifice Pyromélodiques
    2019年7月
  • Gala de la Croix Rouge Monégasque
    2019年7月

Grand Prix de Formule 1 de Monaco

大変有名なこの興奮の渦中で行われる「市街地コース」のレースは 、世界選手権レーサーのより難しいコースの一つとなっています。
迷路のようなサーキットの中での数千回におよびギアチェンジ、世界でもっともスローなカーブ通過、世界で最も早いアシスタンスサービス:モナコグランプリはあなたに素晴らしい観覧をもたらします。

その歴史

モナコグランプリは最も古い、プレスティッジあるモーター スポーツの一つです。モナコ公国内で行われ、1929年にモナコ自動車クラブ会長の息子であるアントニー・ノゲによって市内サーキットが考案され、モナコルイ2世のもとに始められました。モナコの狭い国土(当時は約1.5平方キロ)で、モナコ自動車クラブが国際スポーツ委員会の要求する条件を満たすレースを組織する挑戦に挑みました。

アントニー・ネゲは委員長としてパリに向かいモナコ自動車クラブの候補を提示しました。残念ながら、国際自動車公認クラブ協会 AIACRはこのようなスポーツ行事をクラブ自身で組織できるだろうが、モナコ国外に広がる行事には無理であろうとその候補は拒否されました。35歳のアントニー・ネゲは自愛心を傷つけられましたが、若さの活力で彼自身がこの挑戦に挑みました:市内での自動車レースを創設する。
この市街地でのスピード サーキットのアイデアは実現不可能であったのでしょうか?

アントニー・ネゲは2年間熟考を続けました。 そのプロジェクトを任せられる専門家の人々を選びました。スポーツ分野のルイ・シロン、技術分野のジャック・タフでした。

その後にはこのレースへの参加と融資のためにソシエテ・デ・バン・ド・メール社 ( Société des Bains de Mer SBM)を説得しなければなりませんでした。その役員のルネ・レオンはこのレースへの関心を認め、必要な資金を融資しました。世界中のどのような街にもこのようなレースはありません。

6か月後の1929年4月14日にピエール大公が最初のモナコグランプリのレースディレクターのシャルル・ファルーの運転するヴォアザン トルペードに乗り栄誉の一周を行いました。16台のレースカーがスタート地点に並びました:8台のブガッティ、3台のアルファロメオ、2台のマゼラッチ、1台のリンカーン、1台のメルセデスSSK。英国の「ウィリアムス」はオフィシャルテストに遅れ、開催前日に無許可の回周を行いモナコの人々を感動させました。「ウィリアムス」は緑のブガッティ35Bで3分56秒11、100周平均速度80.194キロで優勝しました。

世界大戦まで、レースは活発に続き、毎年成功を収めました。世界紛争により10年間レースは中断しました。1948年にモナコはグランプリを再開し、モーリス・トランチニョンあるいはファンジオで知られる50年代の活躍する時代を迎えました。

1958年4月15日、モナコ大公およびグレース王妃は新しい自動車クラブのゴールデンブックに栄誉ある署名をしています。それがクラブの現在の本拠地アルベール1世アベニュー23番地です。

60年および70年代にはジャッキー・スチュアート、ジャンピエール・ベルトワーズ、その後アラン・プロスト、アリトン・セナ、リカルド・パトレーズなどが80年代に活躍し、90年代はシューマッハを抜きにしては語られません。
今日では、モナコグランプリは1928年時と同様にその特殊性を誇っています:市街地のサーキットが維持され世界中からの10万人の観客に喜ばれています。モナコのサーキットはエルキュール港の周辺を周り、モンテカルロ、コンダミーヌの街路を通り、ガードレールで保護された急カーブを通り抜けます:そのために数か所に大きなクレーンが置かれていますが、これは事故車を迅速に撤去するためのものです。 

また、モナコ自動車クラブのレースは最高に尊重する伝統とイノベーションの精神で組織され、前世紀のパイオニアやクリエイターの大胆さをも持ち合わせています。レーサーは極度の技術を要するコースをその卓越さで競争に挑んでいます。1950年代のファンジオから1990年代のシューマッハに至るまでの自動車レースでの有名なレーサー名が刻まれています。アリトン・セナはこの神話的なレースに6度優勝し、モナコグランプリの伝説的なレーサーとなっています。

モナコ自動車クラブ:F1優勝者

お問い合わせは、