モナコ旧市街博物館

開館:6月〜9月末 水〜金 11時〜16時、入館無料。
文化遺産、陶磁器、絵画、調度品、服飾などが展示され、昔のモナコの日常生活を再現しています。この博物館は大規模な改築・増築工事のため2021年まで休館します。

公国のアイデンティティの喪失リスクに対するために1924年に主に以下の使命を持つモナコ伝統国立委員会が、モナコの旧家族の人たちにより創設されました:
- 民間および宗教伝統の維持
- モナコ語の保存と啓蒙
- モナコ文化遺産の保存
民間および宗教の伝統が維持されています。日常に話す言語でなくなっていますが、モナコ語はモナコの学校で若者に教えられ、バカロレアの科目に取り入れられています。家族で日常の使用に復活するための条件を創出するために成人教育にも採用されています。
モナコのアイデンティティ維持の主要使命は委員会の中核となる他の優先事項により強化されています:モナコ旧市街博物館による文化遺産オブジェの保存であり、同様にインターネットの現代の手段によるモナコ語と文化の啓蒙による無形文化遺産の普及です。